• スライドイメージ1
  • スライドイメージ2
  • スライドイメージ3

乳酸菌があなたの便秘や肌荒れの改善に導く理由について

便秘や肌荒れの大きな要因として腸内環境の悪化が考えられます。

乳酸菌は腸内環境の改善に非常に有効ですが、腸内環境を改善すれば便秘も解消し肌荒れも良くなる可能性が高いです。 現代人の食生活は、脂っこいジャンクフードや添加物、甘いもの等、腸内に悪影響を及ぼすもので溢れています。 元々日本人は、こういった欧米食とは無縁の穀物や野菜を中心にした食生活を送ってきていました。

私たちのご先祖様の世代から納豆や漬物などの発酵食品を多く摂取して生活してきたので、腸内環境が整っていたのです。 ところが腸内環境を悪化させるものを多く摂取している現代の日本人は、善玉菌が減少して腸内環境が悪化していることが懸念されます。

乳酸菌は、腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増やすのに非常に有効で腸内環境を改善する救世主のようなものです。 悪玉菌が多い腸内では、腸の働きが低下してしまうので便秘や新陳代謝の低下につながり、肌荒れが起こるのです。

毎日コンスタントに乳酸菌を摂取することで、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが可能です。 乳酸菌の力で善玉菌が増えれば、便秘が解消するので不要な老廃物が体内に蓄積しにくくなります。 便秘をすると新陳代謝が悪くなり、本来であれば汗や皮脂になって排出されるはずの老廃物が毛穴の中に詰まった状態になります。

毛穴が詰まると、肌荒れやニキビなどの肌トラブルの原因になります。 腸内がすっきりしていれば、お肌もツルツルのきれいな状態をキープすることができるのです。 1日や2日ばかり乳酸菌を摂取しても腸内環境は良くなりません。 毎日の積み重ねで慢性的に繰り返す嫌な便秘を解消して肌荒れの改善に導くことが可能なのです。