• スライドイメージ1
  • スライドイメージ2
  • スライドイメージ3

便秘で肌荒れをしている時には腸内環境を整える必要がある?

肌荒れで悩んでいる方の中には、腸内環境が悪く慢性的な便秘で悩んでいる方も非常に多いようです。 何故なら肌荒れと便秘は密接な関連性があるので両方の悩みを抱えているのです。

便秘と肌荒れの両方で悩んでいるという方は、腸内環境の改善を目指すことから肌荒れ解消をしましょう。 腸内環境の改善は、ある統計によれば最低でも2年もかかるという研究結果の報告もあるのでそう簡単にはいかないかも知れません。
それでも毎日腸内環境に良い食べ物を摂取することで、徐々に腸内環境を良くして便秘を改善していくことは可能です。

便秘がちな人の腸内には、悪玉菌が多いので腸内発酵を起こして悪臭の酷いガスも出やすくなっています。 血流に乗って不要な老廃物が体内を巡る状態が常に続いていて、毛穴に老廃物が蓄積して毛穴の詰まりを起こし、それが肌荒れやニキビの原因になっています。
腸内環境を整えれば便秘も改善し、毛穴から不要な老廃物が汗などになり、排出されることがスムーズになります。

肌荒れが気になると、洗顔やお手入れで必死にどうにかしようとしますが、根本原因である便秘を解消することが何よりも大切になります。 腸内環境を改善するには、色んな種類の乳酸菌を毎日摂取することが有効だと言われています。
例えば種類の違うヨーグルトを毎日食べたり、発酵食品であるチーズや味噌、納豆、漬物などをコンスタントに食べ続けるというのがオススメの方法です。

良いものを摂取すると言うだけでは無く、悪玉菌の原因になるジャンクフードなどの油ものや添加物を多く含んだ食品、糖分や脂質の多い食品は控えめにしましょう。 私たちに身近な和食中心の食生活を腹八分目に摂取することが、実は腸内環境改善への近道になります。

腸内環境を整えることは、お肌の質を高めることに直結しています。 特に自分が選んで食べたものは、そのまま自分の肌になって現れるということを忘れずに規則正しい食生活を送って腸内環境を整えましょう。