• スライドイメージ1
  • スライドイメージ2
  • スライドイメージ3

便秘による肌荒れを改善するには食生活を変える必要があるのか?

便秘と肌荒れは密接な関係があるのはご存知でしょうか。
食生活の偏りが便秘の大きな原因になっている場合には、食生活を改善することによって肌荒れも驚くほど良くなるというケースもあります。

便秘になる理由は色々ありますが、食生活が大きく影響をしていることも少なくありません。 例えば食物繊維の不足により便が排出されにくい状態になったり、腸内の善玉菌が不足して腸内環境の悪化等が関係しています。

適度な食物繊維を摂取することで、便のかさが増して便通を起こしやすくしたり排便を促すことにつながります。 偏食で肉等の食物繊維を含まないものしか食べないとか、過度なダイエットで便のかさが増えずに排便が促されず便秘を引き起こすというような結果につながります。

また、偏った食生活は腸内環境を悪化させ、便秘を起こす原因になります。 甘いものや油っこいもの等を多く摂取していると、善玉菌が少なくなることで腸内環境が悪くなり、慢性的な便秘につながります。 食生活を改善することで、便秘を良くすることは単に排便がスムーズになるだけではなく、肌荒れが改善することにも大いに有効です。

腸内環境は一朝一夕には改善しないとも言われていますが、まずはバランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。 ヨーグルトや納豆、ぬか漬けなどの発酵食品を多く摂取したり、甘いものや脂物を控えめにするなどの日頃の工夫が大切です。

食べ物の質が良くなれば、悪玉菌が減少し、代わりに善玉菌が多く住みつくために腸内環境が改善します。 また、炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、炭水化物であるご飯も便のかさ増しに有効です。 炭水化物を抜くのは夜だけにして朝や昼は積極的にご飯を食べると便秘が治って肌荒れも良くなるという場合もあります。

腸内環境の乱れは、そのまま肌荒れに反映されていると言っても過言ではありません。 何を食べたら良いのか分からないという方は、まず五代栄養素である炭水化物、脂質、タンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかりと摂取して便秘を改善しましょう。